恐れを超えていく ~成長と螺旋上昇のプロセス~




前々回、自己クリアリングについて書きました。
自分をクリアにする、とは自分の領域を自分で満たすことで「より自分らしい」感覚が戻ってくる状態に近づいていけます。
自分で満たす。清浄なエネルギー(光)で満たす。陰陽のバランスの取れた状態へ。



これについては、たくさん語ってしまいそうですが、簡単に言えばつまり、日々のケアで 自分のエネルギーをいい状態で保つことができるようになり、少しずつ生きやすい状況へと自分を変化させていくことが可能だということです。


私は、以前より呼吸や体が楽になり、自分が陥りやすい思考パターンにも少し気づけた気がします。
逆に言うと、何かが抜けたような感も。




自分の感情や思考を観察していると、ふとした瞬間の落とし穴のようなものに気づく視点が持てるようになってきます。

そうは言っても、無意識層は表層意識と比較すると95~97%もあると言われているので、自分で気づける思考パターンの限界も感じますが、それでも気づける気づきは大きいと感じています。
今後の人生の選択を大きく変えてしまうほどの気づきに繋がることもしばしばです。





前記事で、陰陽五行に楽しさと重たさを感じるようになったと書きました。

ですが、私が学んだ陰陽五行論は かなりな情報量と奥行きがあり、師匠の姿勢は本物だったのは確かです。
五行を学ぶなら、学問として徹底して探究していたこの師匠から学べてよかったと思っているのも事実です。





それでも、やめることを決めたのは、
今の私の感じ方に変化が起きたから、かもしれません。
それについても、いい悪いではなく、ただ必要なことが起きていると感じています。

人の意識って常に変化していて、一周まわって旋回するように上昇しながら少し上の元の地点に戻ってくることってよくあること。
螺旋を描くように成長を重ねる。
変化は次の上昇を生む 成長のプロセスです。








陰陽五行から、私はたくさんの力と気づきと光をもらいました。それは確かなこと。


でも、一度にたくさんのものは握れないのも事実。何かを握ろうとすれば、何かが指の隙間からこぼれ落ちることもある。

今の私には、多くのものは握れない。
ゆっくり着実にヒーラーの道を深めたい。

できるならば陰陽五行ももう少し学んでいたかったという気持ちもあるけれど、今はやっぱりヒーラー先生の元で学ぶことに「本気」の姿勢を、高次や自分に対して敢えて見せる必要がある気がしたのです。

本気だからこそ 本気で応える、というように。






今はたくさんの情報がある時代。
すべてはエネルギーです。

どんな言葉を目にするか。
どんなことを思うか(心の言葉)。
誰から学ぶか。
どんな自分で在りたいか(在り方)。





すべて、エネルギーだからこそ、
この一瞬一瞬の選択が、思考や感情や理屈抜きで、ハートや内なる自分の声に耳を傾けて恐れを超えていきたいし、その姿勢を持ち続けることが鍵になっていくと感じています。



いつかまた、変化した新しい自分で、新しい気持ちで陰陽五行を学ぶ日もくるかもしれないし、そんな日をちょっと楽しみにしていたいと思います。

こう書いていると、関わってくれるすべての人や存在に感謝がたくさん湧いてきました。

心から ありがとうございます。












変化したいけど変化するのが怖い時、
その恐れはどこからくるのか、を
感じてみてください。


「それは、本当ですか?」




エゴは安定を求め
魂は変化を望む
本当は あなたはどうしたいのか









(運命の選択をする直前に 目にした言葉)




0コメント

  • 1000 / 1000