すべては与えられている ~三輪山~




以前 伊勢神宮から三輪山へと旅した話を書きましたが、これは自分の備忘録としても残しておきたいと思います。

三輪山は、神聖な場所であり山自体が御神体です。ひとり黙々と歩く、ただ神様と向き合って。というような山です。

ご神域に入らせていただく、ということで水分補給以外の飲食は禁止ですし、写真撮影も禁止です。

神様と向き合う、とは自分自身(自神)と向き合う、という事でもあると感じますが、この山を登らせていただく道中で私はずっとこんな感覚を感じていました。






「すべては与えられている」







例えば 豊かさや喜びだけでなく、病気や体の弱さや不自由さ、自分の欠点に見えることや怒りや悲しみ。そのほか 見方によっては足りないと人が捉えがちになってしまうこと。それらを含めてすべて。




私たち人間に 与えられている のだと。







こう書いていると、少し前にアメブロでご紹介した「ある兵士の祈り」を思い出します。

宇宙はパラドックスだけど、すべては与えられているんですね。

そう思うと、自分の中の深いところで、ただ ただ「あぁ…」と感じ入り、そして 不思議と安堵感と喜びが湧いてくるような、涙が出そうな なんともいえない感覚になりました。

 それは、そのメッセージを山にいる間中ずっと全身に浴びていた、というような感覚でもありました。
 







すべて与えられている。



私たちはそのままで完全であると言う言葉の意味に 少し触れた気がしました。









.*✿「ある兵士の祈り」についてはこちら

Light and Wind ☪︎.° 光と風

rainbow.earth.garden~光の庭~ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000